診断で未然に防ぐ|うつ病の予防と治療で重要なこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

うつ病と心の不調

看護師

心の不調

うつ病は、肉体と心の両方に作用する病気です。そして、特に心に強く影響が現れるため、心に何か不調がある場合は一刻も早く診断を受けましょう。特に、最近怒りっぽくなったりイライラが続いたかと思いきや、何もする気が起きなくなったり何をみても感動しなくなった場合、できるだけ早い診断を受ける必要があります。なぜなら、これらは全てうつ病に当てはまる症状でもあるのです。

感情の暴走

うつ病の症状の一つに、感情障害があります。この感情障害が気分をネガティブにさせたり怒りっぽくなったりする原因の一つです。脳の神経伝達物質であるセロトニンは、感情のブレーキを司る役割を持っています。人は、怒りたくても我慢するときや、泣いたり笑ったりしたいときでもこらえることができます。これはセロトニンの働きであり、感情のブレーキを行っているのです。しかし、セロトニンの分泌量が少なくなった場合、感情のブレーキはほとんどかからなくなります。そのため、イライラしやすくなったり、些細な事でも怒りっぽくなってしまうのです。これはセロトニン不足による感情の暴走が原因です。感情の暴走が原因で、落ち込んでいるときも立ち直ることができず、ずっと沈んでしまうままになってしまうのです。だからうつ病になると人はふさぎ込んでしまうのです。うつ病一歩手前でも感情障害は起きることがあるため、最近落ち込みやすくなったり怒りっぽくなった場合は早めに診断を受けましょう。早期解決でうつ病を防ぐことができます。

感情の消失

反対に、何もかもする気が起きず、無感動になってしまうのもうつ病の症状の一端です。これは、セロトニンと同じく脳の神経伝達物質であるノルアドレナリンが不足している為起きる病状です。ノルアドレナリンは主にやる気や意欲といったものを司る物質であり、不足することにより、無気力で無感動になってしまうのです。また、何に対してもやる気が起きなくなり、趣味が急につまらないものに感じるのもなるアドレナリンが不足している可能性があるのです。そのため、大好きだったものが急につまらなく感じたのであればこれも同じく診断をしてチェックしましょう。