診断で未然に防ぐ|うつ病の予防と治療で重要なこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

抗うつ剤で治す

悩む男性

抗うつ剤で改善を

うつ病を発症した時、完治するには自分自身で立ち直る必要がありますが、発症した状態で立ち直るのは非常に難しいです。そのため、診断を受け、適切なサポートを受ける必要があります。うつ病治療はカウンセリングと抗うつ剤を服用することで症状を和らげ、改善していきます。特に抗うつ剤は重要な役割を持ち、症状の改善に大きく貢献してくれます。抗うつ剤は症状によって効き目が全く違います。セロトニンやノルアドレナリンの分泌を促したり、睡眠を取れるようにしたりと、効果は様々です。

相談とサポートが大事です

抗うつ剤は風邪薬や胃薬と違い、効き目が遅いです。服用し続けて一週間ほどでようやく効き目が現れます。そのため、効き目が現れる前に薬をのむのをやめる患者は多いです。うつ病になっていると無関心になることも多く、飲んでも効果がないし治るとは思えないと自分で判断してしまうのです。そのため、効果がないどころかより悪化させてしまう可能性もあります。抗うつ剤を飲むときは、家族のサポートも欠かせません。鬱病になった患者がきちんと抗うつ剤を飲んでくれるように、また、薬を勝手に処分しないように管理し、飲ませるように心がけましょう。そして、診断も大事です。抗うつ剤を飲み、定期的な診断をして症状をこまめにチェックしていけば、完治までの道筋が見えやすくなります。そして、徐々に改善していけば抗うつ剤の服用量も減り、同時に診断の回数も徐々に減っていきます。そして、診断の必要がなくなり抗うつ剤を服用する必要もなくなれば、晴れてうつ病は完治したといえます。