診断で未然に防ぐ|うつ病の予防と治療で重要なこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分自身で守る

医者と患者

勘違いだと決めつけないこと

うつ病発症の患者が多発している原因の一つに「自分はうつ病じゃない」と決めつけてしまうことがあります。近年、うつ病に関する理解が増え、どうすれば発症するのかということも詳しく知ることができるようになりました。しかし、これはあくまで発症例の一つであり、当てはまらないものがあったからといって自分はうつ病ではないと思いこむのは極めて危険なのです。そのため、もし自分の体調が悪く、その原因がストレスなのではと思うようなのであれば、まずは診断を受けましょう。診断を受けることによって自分の状態を知ることができますし、その不調の解消方法を知ることができるかもしれません。また、うつ病は発症してから治療を受けた場合十中八九症状が悪化していくため、早めの診断で治療を行い、発症を予防する必要があるのです。

セルフで診断

うつ病の診断は、主に精神科で行うことができます。なお、心療内科と精神科は別物です。心療内科は基本的に精神的疾患がもとで生じた胃痛などの治療を行うところであり、精神科は精神疾患そのものを治すためのところです。しかし近年ではどちらも診断内容は同じため、近くの病院で精神科及び心療内科のクリニックがあった場合、まずは相談をしましょう。また、大病院では受付で尋ねればどちらでうければよいかを教えてくれます。また、最近ストレスが溜まり気味で不眠症だけど診断を受けるほどではないとお考えならば、精神科のホームページなどで行える無料のセルフチェックをしてみましょう。これは自分の現状はうつ病に近いのかどうかというのを知ることができます。ここで全く問題ないのならばそこまで心配する必要はありませんが、それでも心に何処か引っかかるものがあるのなら、診断を受けたほうが良いかもしれません。不安というのはストレスになり、診断を受けることでストレスのもとである不安を解消することができるかもしれません。