診断で未然に防ぐ|うつ病の予防と治療で重要なこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

予防するために

ハート

予防の重要性

うつ病は予防が大事です。うつ病は風邪や下痢とは違い前触れの期間が長い病気であり、本格的に発症する前に問題を改善すれば予防は十分に可能です。逆に予防を行わず発症させてしまうと、回復するまでに長い期間がかかってしまうため注意しましょう。「自分はうつ病にならない」と思っている人は多いかもしれません。しかし、うつ病は何がはずみで発症するかわからない病気であり、知らず知らずのうちにストレスを溜めてしまっていることが多いのです。そのため、自分の状態を過信せずに何か気になることがあればすぐに診断を受けましょう。診断で何もなかったということがベストであり、問題があった場合は対処が非常に厄介になるからです。また、クリニックに行くほどのことでもないとお考えならインターネットでセルフ診断を行うのも有効です。

睡眠は大事

うつ病は未だに謎の多い病気ですが、ストレスが大きく関係しているといわれています。よって、ストレスの適度な発散を行うようにしましょう。スポーツをしたり趣味を行うのが最も適切なストレス発散方法ですが、睡眠はこれら2つと同じくらいストレス発散において重要な役目があります。睡眠は脳を休息させる重要な方法な一つであり、休ませることでストレスから脳を守ることができます。また、ただ眠るのではなく、質の良い睡眠をとればとるほどストレス解消につながります。寝てもあまり疲れが取れないというのは質の悪い睡眠を取っている可能性が高く、連日寝ても疲れが取れないようであれば心因的な原因かもしれないため一度診断を受けたほうが良いかもしれません。なお、質の良い睡眠のとり方は、体を疲れさせたり日中に日光を十分に浴びたり、寝る前はパソコンやテレビを見ずにホットミルクを飲んで眠ると熟睡しやすくなります。